0

すくすく組〜にこにこ組って楽しいね〜

すくすく組の部屋を飛び出し、にこにこ組にお邪魔して遊びました。
1歳児クラスのにこにこ組には、これまでも時々遊びに行っているので、子ども達も落ち着いて遊んでいます。

人気なのはままごとコーナー。
お弁当箱におかずを入れてみたり、バッグやリュックサックを背負ったりして楽しんでいます。


毎日の生活の中で見たり経験していることが、見立て遊びのままごとへと発展しているのですね。

毎日の生活を充実させていくことが、遊びにも繋がっていくようです。

すくすく組 前田

0

ぐんぐん組~楽しみ方の変化~

朝の自由遊びの時間、なにやら賑やかな声が聞こえてきました。

見てみると、こんな光景が…。

 

「はい、並んで~!順番やけんね」と。何をしているかと思えば、お手玉遊びにチャレンジしています。

 

「〇〇くんは、レベル2ね。はい、どうぞー!」

「できたね」「はい、残念」「次の人~!」

 

そんなことを言いながら、自分達で遊びを展開して楽しんでいました。

 

それぞれ自分の好きな遊びはもちろんですが、最近はこういった光景がよく見られます。

 

みすみ公園でも、みんなでかくれんぼや鬼ごっこをして遊んでいました。遊びの楽しみ方が少しずつ変化しています。一人一人の楽しみがしっかり満たされて、誰かと共有したいという嬉しい変化ですね。

 

寒空の下、みんなの笑い声がずっと響いていました。

こんな風に繋がり始めているみんなの輪を、しっかり見守りながら強く、大きく広げていきたいです。

 

ぐんぐん 峰

0

わくわく組~子どもの視点~

最近、みんなで遊ぶゲームが大好きなわくわく組さん!

今回は、「色鬼」に挑戦してみました。

 

初めてだったのでルールを説明していると

テンションが上がり、おしゃべりしていたお友達に

「聞こえないから静かにして!」

と自分たちで声をかけあう姿が!!!

 

そして、いざしてみると、、、、

 

自分の靴やお洋服、

スコップや三輪車などの遊具

なんとこんな所からも!!!

あまり色がないかなーと思っていたのですが

やっぱり子どもたちの視点はすごいですね。

 

大人が見えない、探せない所が見えていて とっても感心しました!!!

色おにはどこでも出来るのでご家庭の方でも一緒にしてみてく下さい。

子どもたちの視点がすごい事に驚くと思います。

 

わくわく組 前田

0

すくすく組〜全員揃いました〜

15日、インフルエンザなどの流行にも負けず、すくすく組さん全員出席しました。
朝のお集まりの光景は、なかなかの迫力です。
お話に集中している子ども、自分の遊びを探している子ども、小さい子ども達もラックに座って参加しています。


こうやって元気に冬を乗り気ってくれたらな、と思わずにいられませんでした。

すくすく組 前田

0

のびのび組~遊びの変化~

今日は久しぶりにフィールドに出て遊びました。

ここでも、のびのび組さんの成長がたくさん見られました。

腕力や、持久力がとてもついたように感じます。

ジャングルジムでは、保育者の力を借りずに自分で登りやすい場所を見つけ、

滑らないようにしっかり握って登ります。

自分で登れた達成感を頂上で味わいながら、景色を眺める余裕もできているようです。

 

こちらでは、ブランコに乗っている子と順番を待っている子がいます。

以前は「まだー?」「僕が先に乗るの!」という声が聞こえていましたが、、

今ではみんなで「1.2.3…」と数えて、楽しみながら順番を待っています。

子ども達同士で遊びを考えたり、工夫して遊ぶ姿がよく見られるようになりました。

寒さも吹き飛ばす元気いっぱいの のびのびぐみさんです。

のびのび組 平田

0

ぐんぐん組~プラネタリウム~

長崎市科学館へプラネタリウムを見に行ってきました!

科学館ってどこ?プラネタリウムってなに?

知っている子も知らない子も、それぞれが期待に胸を膨らませて今日という日を迎えたようでした。

 

楽しい園外保育ではありますが、公共の施設を利用するということで、しっかり約束事を確認して参加しました。

 

 スタッフの方にはしっかり挨拶を。

 

 

静かにするときは静かにして、楽しむときには楽しむメリハリを。

一人一人がきちんと意識して参加することができました。

 

内容が少し難しかったですが、「綺麗だね」「へぇ〜、凄いね」などと、それぞれに気付きや発見をしながら楽しむことができたようです。

 

流れ星が流れたときに「3回お願い事をすると叶う…」という説明を聞いた子ども達。

◎お菓子がいっぱい食べられますように。

◎おもちゃでいっぱい遊べますように。

◎縄跳びができるようになりますように。

 

3回ではなく、3つずつ(笑) 思わず声に出して必死にお願いする姿が微笑ましかったです。

 

 

今回の経験を経て、これから子ども達はどんな思いで夜空を見上げるのでしょうか。

夜は寒いですが、たまには一緒に夜空を見上げて楽しんであげてくださいね。

 

ぐんぐん 峰

0

ぽかぽかdays〜毛糸アート〜

毛糸アート第3弾は、木の枝を使ってモビールを作りました。

皆さん黙々と作って、無心になる時間を楽しんでいました。

子ども達も毛糸や木の枝に触れて感触を確かめていました。

毛糸の温かさが伝わる作品が出来ました。

色合いもそれぞれで味が出ています。

 

木の枝も華やかになり、新たな命が吹き込まれた様です。

子ども同士の関わりもよく見られましたよ。

子ども達にとっては、家庭では得られないたくさんの刺激がお土産になりますね。

※1月21日に予定していた園庭遊びは、寒さを考慮して室内での小麦粉粘土遊びに変更します。

 

担当 中村

 

0

すいすいぐみ~コツコツ…~

最近女の子が興味を持ち始めているものがあります。

『編み物』です。

同じ作業をコツコツと…

とても根気のいるものです。

それでも、完成を楽しみに ただひたすらに編み続けています。

さすがの『集中力』です。

何が出来るか… お楽しみに!!!!

すいすいぐみ 山崎

0

すくすく組~喜び合う~

にこにこ組の保育室で1つのテーブルを囲んでパズルをしていたすくすく組の子ども達。

男の子がピースをはめることが出来て嬉しそうに拍手をしていました。

すると、目の前に座っていたお友達も真似して一緒に拍手。

その後も誰かが拍手をすると周りのお友達も笑顔で楽しそうに拍手をしていましたよ。

皆が笑顔になったひと時にほっこりしました。

 

又、鬼のお面の製作も行いました。

子ども達自身が色を選び目玉と口を貼り付け、楽しんで製作を行うことが出来ました。

掲示する予定なので、出来上がりを楽しみにしていて下さいね!

 

すくすく組  井手

0

のびのび組~自分で~

最近の子ども達の活動に目を向けていると「あれ?」という変化に気づきます。

それは…“自分で”ということ。

今日もこんな姿がありました。

これは、好きな色の色鉛筆を選ぶ。使い終わったら、元に戻す。

そして、これは自分で満足のいくまで塗った塗り絵を自分でファイルする。

戸外へ出る時には自分でハンガーから上着を取る。

着ることが難しいお友達は自分で「先生、手伝って!」と伝える。

このように“自分で”のやる気がどんどん膨らんで、今まではとっても時間がかかっていたことも

自分の力を信じて挑戦し続けてきたことで“できるよ!”の自信になってきているようです。

その気持ちを見守り続けることは、大人にとっては、じれったいことですが、長い目で見守っていくことで子ども達のステップアップに繋がっていくということに改めて気づく今日この頃です。

目指せ!わくわく組さん!

のびのび組 藤崎

0

すいすい組~久しぶりの習字教室~

今週は久しぶりの習字教室が行われました。
前回は初めてということもあり、筆に慣れるよう自分の名前や好きな文字を書いて楽しみました。

今回は一つステップアップし、自分の名前の「漢字」にもチャレンジしてみました。
子ども達も「漢字」という言葉を聞くと、少しお兄ちゃん、お姉ちゃんになったような気がするのかとても意欲的に取り組んでいました。
中には前日の練習で形を覚え、お手本がなくても書くことができる子どももいたほどです!
また日本伝統の書き初めの意味も含め長半紙にも文字を書いてみました。

「漢字」、「書き初め」といった、新しい挑戦を行いながらも
日本ならではの文化にも触れることができた取り組みでした。

すいすい組 岩永

0

わくわく組 ~はないちもんめ~

今日は、園庭に出て全員一緒に『はないちもんめ』をしました。

ルールを説明している段階で“わかるかなぁー?”と不安がよぎったものの、いい意味でそれを裏切ってくれた子どもたち!!

みんなで歌を歌いながら、笑い合いながら、取り組んだひと時はそれはそれは楽しくて、クラスが一つになったように感じました。

どれほどの時間が経ったでしょう…。

もうそろそろ自由遊びにしようかと思い 「また今度しようかぁ?」と促すと…

「せんせいおらんでもしようでー!!」 と子ども達だけで取り組み…

1時間以上していたんです(笑)

保育者がいなくても、覚えたての歌を歌いながら、自分達で話し合いながら取り組んでいた子ども達の姿にはほっこりしました。

もっともっといろんな遊びを教えてあげたいなと心から感じた今日の活動でした!

わくわく組 桐谷

1 / 158123...5...最後 »